頚椎症の予防について

正しい姿勢で

テレビなどでも大きく取り上げられるようになった頚椎症に関して、誰もがなりうる疾患であることは、多くの人がおわかりになっていることでしょう。予防をすることはとても簡単ですが実行することが難しいと言われています。しかし、少しでも意識して毎日を過ごすだけでもリスクをぐんと減らすことができます。

一番は姿勢を正して生活をすることです。パソコンやスマートフォンなどにかぶりつきの毎日を送っていると、首に負担がかかり頚椎が歪んでしまいます。そのままクセ付けされてしまいますので頭痛やめまい、耳なりなどの症状が発症します。

一時間に一度は体を休め軽くストレッチをするなど姿勢を正す工夫を取りましょう。

の工夫も大切です。頭を高くすることではなく、首のカーブに沿った首枕を使うことをお勧めします。また、先にも触れましたが、ストレッチや体操は頚椎症の予防に大きく作用します。朝起きた時の5分間、デスクワーク中のリフレッシュなどにちょっとしたストレッチを取り入れるだけでも首への負担を大きく和らげることができます。


出来るだけ運動をする

頚椎症の予防で一番大切なのは、首の筋力をアップさせる事にあります。
ストレッチには首の負担を緩和させることと筋力をつけることなど様々な効果があげられています。

首の筋肉を鍛えることで、負担がかかりやすくなっている頚椎をしっかりと支えてくれるようになります。
また、筋力が付くことで骨のゆがみなども次第に矯正されていきますので、できるだけ運動を取り入れる生活を送るようにしましょう。

頸椎症の予防のためには、やはり日常的に習慣付けることだと考えられます。当サイトでお薦めしている2つの治療法はもちろん最適ですし、予備軍の方であれば、枕を使って簡単にエクササイズできることで最近話題になっているスローコアライフ等もお薦めできるものです。