頚椎症と枕

頚椎症の方が一番つらさを感じるのは朝だという話もあります。
枕の選び方を間違えると首の神経を圧迫してしまったり、頚椎の自然な形を妨げる等で痛みが強まってしまうことがあるようです。頚椎症を持っている方は枕の選び方に気を遣いたいものです。市販のピローでは疲れがたまってしまう方も多いようです。
オーダーメイドなどで体にフィットしたピローを作っても朝の辛さは変わらないと訴える方もいるようですね。

枕選びも重要です

この場合はタオルを2枚用いてセルフメイドピローを作ってみるとよいでしょう。
作り方は簡単です。首の高さにフィットするようにタオルをきつく巻くだけ。後は寝やすいようにタオルでちょうどよい高さを作りだすだけです。首の湾曲をひねったり痛めたりすることなく、ぐっすり眠れるようになります。
また、形が自由に変わり反発力が適度にある大豆を中に詰めた枕も頚椎症には有効だと考えられています。

これを応用したサクランボピローやビーズピローなどもお勧めです
。中にはピローを使わず眠っているという方もいますが、肩がつぶれてしまっては、症状をより強めてしまうこともありますので、あまりお勧めはできません。

また首専用のピローも販売されています。首の骨だけではなく、背骨のゆがみなども自然に矯正されていきますので、腰の痛みなどで悩んでいる方もこの首専用ピローを使って眠るとよいでしょう。
しばらくはこのようなピローに慣れない毎日が続くかもしれませんが、慣れてきたころには骨がだんだんと矯正されていっているのが分かります。