頚椎症としびれについて

頸椎体操

手の痺れ

頚椎症は頚椎のクッションの役割を果たす椎間板がつぶれたり、骨にとげ状の突起ができてしまうことで神経が刺激されたり、神経が圧迫されることによって起こる病気です。この頚椎症では首の痛みから始まることがほとんどですが、進行してしまうと、肩こりや痛み、首を動かした時に肩や腕に痛みが走ることがあります。また腕に力が入らない、しびれなどの症状も頚椎症の所見で多く見受けられます。

また、指先のしびれなどが顕著に現れます。肩の痛みからピリピリとした指先の感覚、鉛筆が握れない等の自覚症状が出てきたらいち早く整形外科を受診するようにしましょう。レントゲンやMRI撮影などで診断がつきます。ピリピリとした感覚を取り除くためにはリハビリが有効だと言われています。

またビタミン剤や痛み止め等の投薬処方も多いようです。この治療法で効果が改善されるのはほんの一握りと言われています。神経ブロック注射等は対症療法にしかすぎませんので根本的解決には至りません。

ストレッチは毎日続けることが重要

そこでやはりおすすめしたいのが、ストレッチです。1回5分間の簡単な動きをマスターするだけで、リハビリに近いような効果を得ることができます。理学療法やカイロプラクティックの考えに近いのがストレッチですので、根気強く毎日続けていくことで、不快な症状がだんだんとリセットされていくことでしょう。

ただし、首の痛みが強く感じられる場合のストレッチは厳禁です。あまりにも痛みがひどい場合には、痛み止めなど初期の治療を受けてからストレッチを始めるようにしましょう。