名医による頚椎症手術

頚椎症になると、軽い症状の場合は痛み止めなどを使った薬物療法や、理学療法、牽引療法など手術を行わない治療法でも改善の可能性はあります。色々な治療法を試しても長期間病状が改善されない場合や、病状がひどくなるとやはり医師の診断に基づき、手術が必要になるケースがあります。

名医による頸椎症手術

ただ、頚椎というのは狭い脊柱の中を、細い神経や脊髄が通っているという状態であり、神経や脊髄を圧迫している骨を除去したり、ずらして正しい位置に戻すという手術はかなり難易度が高いと言われています。

一歩間違えば、神経や脊髄を逆に傷つけて後遺症を残したりする危険性もあるので、いくら名医といわれている医師による頚椎症手術でも必ずリスクは伴うと言われています →頸椎症手術のリスク

また、事前に詳しい検査をして手術に臨んでも、実際見てみると病状がかなり悪化している場合もあるので、名医でも完全に痛みや痺れを取り除いたり、感覚麻痺などの障害を改善することは難しく、手術をしたからといって誰でも、必ずしも術前より病状が改善されるという保証がないのが現実です。

手術をすれば、根本から治療してもらえるのでこれで痛みや痺れなどから開放される、治ると思っている患者さんがほとんどです。確かに手術はとても効果的な治療法のひとつだと言えますが、必ずしも頚椎症が改善される、万能の治療法ではないのです。このように、名医と呼ばれる医師をもってしても、頚椎症の手術は危険性があるのでできれば手術しないで改善させるのが望ましいと言えます。


手術リスクがなく効果の高い治療法

症状が悪化すれば、一般的には必然的に手術と言う選択肢が出てきます。その場合、やはり気になるのはそのリスクです。どんな名医が手術を行っても、やはり危険性は高いと言わざるを得ません。

そのような状況で、それでは一体何ができるのか?そうお悩みの方にお薦めしたいのがこのサイトで紹介している2つの治療法です。この治療法は、その実績の高さから、開発者である中川さんと徳永さんは名医と言っても言い過ぎではありません。しかしながら、そのように効果の高い治療法であっても、万能であるとは言い切れません。人によっては効果がない方もいるかもしれません。実際に試してみてその効果に期待するしか方法はありません。但し、それらは手術のような危険性がありませんので、とりあえずの、しかし大いに期待することができる選択肢であると言うことができると思います。

これらの治療法は、どちらもその効果を得るために、毎日エクササイズを継続して行う必要があります。しかしながら、それは自宅で可能で、更には1日数分間のエクササイズを行うだけで効果が出ます。人によっては毎日継続するのがつらいとお思いの方もおられるかもしれませんが、手術のような危険性が全くなく、またつらい症状が改善できるのであれば苦にもならないと思います。