変形性頚椎症とは?

変形性頚椎症とは?

変形性頚椎症というのは、頭と首をつなぐ椎骨間においてクッションの役割をしている椎間板が磨り減って変形したり、骨棘形成という突起物ができたり、椎骨がずれて飛び出ることにより起こる頚椎症の一種です。加齢による椎間板の衰えや、無理な姿勢を長時間続ける生活習慣、過度のスポーツや交通事故などが原因で起こるといわれています。

症状としては、主に後頭部から首、肩にかけての持続的な疼痛、時折ぴりぴりしたような痛みを感じる場合もあります。変形性頚椎症自体は、加齢による骨や椎間板の老化などが原因のひとつなので、誰ででも起こりえることですが、症状が悪化して頚椎の中を通る脊髄や神経根などが圧迫されると頚椎症性神経根症や、頚椎症性脊髄症などを発症するので注意が必要です。

頚椎症性神経根症の場合、首から肩、腕から指先にかけての痛みや痺れ、指先の冷えやこわばりなどが症状として現れます。更に、頚椎症性脊髄症の場合は、上半身だけでなく下半身にいく神経にも障害が生じ、歩行障害や排尿障害といった症状が見られます。今の時点では、首や肩の長期的なコリだけの症状しか出ていなくても、きちんとした対策をとらないと将来的に手足が動かしにくくなるほどにまで病状が進む可能性もあるので、早期に対処しておくことをおすすめします。変形性頚椎症の治療法としては、ステロイド剤などの内服薬の服用や神戸枕という首を固定する枕の使用、牽引などの保存療法や手術などがあります。


高齢の方にも最適な治療法

この病気は主には加齢によって発症することが多いようです。

変形性頚椎症は、高齢者の方に多い

頸椎症の中でも、この変形性頚椎症で悩んでいる方が結構多いと聞きます。高齢の方の場合、どうしても緩和療法が主になっているものと思われますが、つらい体に鞭打って定期的に通院するのも大変です。

このサイトでお薦めしている治療法、中川式徳永式はどちらも自宅で治療を行うことが可能です。


小さなお子さんから高齢の方まで、簡単なエクササイズを継続して行うことで再発のない改善が見込まれますので、高齢の方にも最適な治療法であると言うことができます。