リハビリについて

ブロック注射と頚椎カラー

頚椎ヘルニアと診断された場合、状態によってはカラーと呼ばれる首を支えるためのギブスを付けて生活をすることもあります。

少しでも症状を緩和するべくリハビリ(理学療法)を行うことがほとんどです。

主な内容としては、首の牽引(頚椎牽引)が有効とされているようです。椎間板などによって圧迫された神経を元に戻す効果があると考えられています。また温熱療法で温めたり、ハリ治療なども有効だと言われています。

ただしこれらのリハビリだけでは無理が生じることもあるようです。それに合わせて投薬治療や神経ブロック注射等を行うのが一般的です。中には症状が緩和されているのに頸椎ヘルニアによる痛みやしびれが続いているという方もいらっしゃいます。

症状緩和のためのリハビリ

ストレスが多い方、常にストレスを感じている方は痛みが倍増されるなどといった傾向にあるとも言われています。このようなストレスを緩和するためには、軽いストレッチが有効だと言われています。

頸椎の疾患などにもストレッチは有効で、筋肉を付ける作用やリラックス効果も認められているので推奨している医師もいるほどです。


ストレッチは1回5分間程度。もちろん整形外科での治療と並行しても差し支えありません。

ストレス緩和にも有効なストレッチ

毎日根気よく続けることで首の痛みなどと無縁の生活を送れるようになったという方も多くいらっしゃいます。

ただし痛みが緩和されてから始めることをお勧めします。急激な変化を求めず、ゆっくり時間をかけて体を伸ばしていく運動を行いましょう。

当サイトでお薦めしている中川式徳永式は、そのために最適なストレッチであると言うことができるでしょう。