頸椎ヘルニアとブロック注射

痛み止めのためのブロック注射

頸椎ヘルニアの場合、頸椎の間を埋めるクッションの役割を担う椎間板がすり減る等のトラブルで神経が圧迫されてしまいます。首の痛みやしびれ等をともない、生活の質を下げるどころか日常生活に支障をきたしてしまいます。

整形外科での治療方法としては理学療法と投薬治療が優先されますが、それでも痛みが抜けない場合はブロック注射を行うこともあります。

ペインクリニックでも同様の治療を行いますが、痛みを取り除く対症療法にしか過ぎないことを念頭に入れておきましょう。

ブロック注射はあくまでも一時的な緩和療法

頸椎ヘルニアのブロック注射は1回のみで再発がない方もいればストレス等にさらされた生活を送っている方であれば、痛みと付き合いながらの生活を余儀なくされている方もいるようです。

もちろん頸椎ヘルニアの急性期の痛みにはブロック注射もいたしかたない事ですが、再発を防ぐ、ストレスから身を守るためにもストレッチを取り入れていきましょう。

首の骨のゆがみを取り神経のさわりを少なからず緩和することが認められています。

再発防止にも有効なストレッチ

ストレッチは1日5分間程度の簡単なものです。

朝起きた時に体を優しく伸ばすことや、リフレッシュメントの一環として体を伸ばすなどを取り入れていけば、筋力も付き首や頭をしっかり支えてくれることでしょう。

口コミなどでも、ストレッチを取り入れたことで注射の回数が減った、手術を回避できた、投薬が終了したなどうれしい効果が実証されています。

また姿勢に気を遣った毎日を送るだけで、痛みと無縁の生活を送れるようになります。そのための効果的な方法が、ここでお薦めしている中川式徳永式です。