頚椎ヘルニアの再発について

頚椎ヘルニア再発の危険性

頚椎ヘルニアは手術やリハビリによって治療ができますが、ごく稀に再発を引き起こしてしまう場合があります。

特に、一見すると成功したように思える手術であっても、実は完璧ではなかった、もしくは手術やリハビリ後、完治していない状態で身体に負荷をかける行動を多く取ってしまったと言った場合においては再発しやすいものとも言えるため、常日頃から再発防止のための準備を怠らないことが大切です。

人体において頚椎は頭を支えるための非常に重要な部位であり、後頭部側にある7つの骨の事を指します。

これが何らかの衝撃により、ほんの少しでもずれてしまうと、身体全体のバランスが崩れてしまいます。この状態をヘルニア(身体の一部が本来の位置より脱してしまう状態)と言い、人体にとって大切な部分を司っていることから、頚椎ヘルニアになると、頭痛や眩暈がする、常に首に違和感があるなど、実に様々な症状を引き起こしてしまいます。

一度なってしまうと、その治療と完治が難しい場合が多くあります。少しでも生活に負担をかけないためにも、手術やリハビリ後も継続的に身体を労わり、無理のない生活を送るよう心がけることが大事になります。

再発させないためのケアが重要

治療が完了した後においても、手足に痺れが出るときがある、首の周りに痛みが走ると言う場合は出来るだけ早期に医師にかかり、原因の早期発見を心がけるようにしましょう。

仮に頚椎ヘルニアの再発が確認されても、適切な処置を行うことによって症状を改善させることができます。


当サイトでは、これまで数多くの患者さんを救ってきた、再発のない頚椎ヘルニアの治療法を紹介しています。宜しければ参考にしてみて下さい、